見たい部分をクリックしてください。そのページが表示されます。
会社案内
 >ご挨拶
 >会社概要
 >会社沿革
 >組織機構
 >販売担当者名簿
 >設備紹介
 >アクセスマップ
求人情報
 >新卒採用
 >中途採用
業務内容
 >青果物の流通
 >市場の一日
 >取扱高の推移
出荷者様向情報 買参人様向情報 市況情報
 >野菜
 >果実
旬の野菜フルーツ
 >旬の野菜・果実
 >産地カレンダー
野菜・フルーツお役立ち情報 市場カレンダー アクセスマップ
 >県内マップ
 >近郊マップ
お知らせNEWS いわきの農産物 いわきってどんなとこ?


野菜・果実の産地出回りカレンダー

 野菜・果実の産地出回り
   カレンダーです。
 今が旬の野菜・フルーツや新商品、特にお薦めしたい商品などをこのページで紹介しております。またそれに係わる楽しい情報などもこれから提供していきたいと思いますので是非ご覧ください。(このページはその都度更新しております。)

ここで紹介している商品は日々更新されています。
【野菜・果物辞典より】


お馴染み、味の素さんのサイト。おすすめレシピ、 献立アイディアなどの情報が満載です。
下の商品の画像をクリックしてみてください。その商品の詳しい説明のページに移動します。
さわやか大根(千葉)
さわやか大根(千葉)
レタス(茨城)
レタス(茨城)
親ばかトマト(いわき)
親ばかトマト(いわき)
グリーン・アスパラ(福島)
グリーンアスパラ(福島)
ブルームレス胡瓜(茨城)
ブルームレス胡瓜(茨城)
うるい(福島)
うるい(福島)
春キャベツ(千葉)
春キャベツ(千葉)
レイシ(沖縄)
レイシ(沖縄)
下の商品の画像をクリックしてみてください。その商品の詳しい説明のページに移動します。
田浦甘夏柑(熊本)
田浦甘夏柑(熊本)
アンデスメロン(熊本)
アンデスメロン(熊本)
すいか(熊本)
すいか(熊本)
有袋ふじりんご(青森)
有袋ふじりんご(青森)
デコポン(熊本)
デコポン(熊本)
蒲郡ハウスみかん(愛知)
蒲郡ハウスみかん(愛知)
ふくはる香いちご(福島)
ふくはる香いちご(福島)
キウイフルーツ(愛媛)
キウイフルーツ(愛媛)

■ 当社のホームページをご覧いただく際には 『 表示文字サイズを 』 にしてご覧になることをお薦めします。 ■

※当サイトでは、文字の表示サイズを変更することができます。詳しくはこちらをご覧ください。




今月のおすすめやさい


だいこん(千葉)
だいこん(千葉)

■品 名 だいこん
■品種名 さわやか大根(青首だいこん)
■産 地 千葉県 JAちばみどり銚子野菜連合会
■入荷時期 2月中旬〜4月下旬
■最盛期 3月〜4月(春だいこん)
生産情報など詳細については銚子野菜連合会のホームページをご覧ください。(野菜のできるまで・だいこん)
■担当者からのコメント
全国一のトンネルだいこんの生産地を誇る千葉県JAちばみどり銚子野菜連合会より春だいこんである「さわやか大根」が2月から4月にかけ、期間限定で出回ります。
銚子は千葉県最東端にあり、その南東部分は太平洋に面し、北は利根川沿線の低地、西は表層を関東ローム層で覆われた北総台地に連なって立地しています。海洋性の温暖な気候に恵まれ、昭和の初期からだいこんが生産されており、現在銚子では生産者数380名が650haを作付けしています。はやくから超低農薬、有機ブランド栽培に取り組み、生産履歴(トレーサビリティ)をはじめ平成15年には「もっと安心農産物」に登録、同時に「ちばエコ農産物」の認証を受けています。
だいこんはアブラナ科の1、2年草で日本では古くから各地でいろいろな品種が作られていましたが現在では青首だいこんが全国的に普及しています。青首だいこんは地表に出ている部分が緑色になるので見た目がよく、適度な大きさで作りやすいことから全国に広まり、生食、煮物、漬物などいろいろな料理法に利用されております。
美味しいだいこんの見分け方としては根の部分は白く、きめこまかく、張りと光沢のあるもの。茎の切り口に「ス」が入っていないもの。またひげ根やくぼみがなく、丸身が円形で持ってみてずっしりと重いものがよいでしょう。
だいこんは野菜の中で生産量、作付面積ともにナンバー1の商品です。健康的にも優れており旬の味としても欠かせない美味しい千葉産「だいこん」を是非ご賞味ください。
■だいこんの効能
根部はビタミンC、葉にはビタミンA(カロテン)、B2、C、カルシウム、鉄分、食物繊維の宝庫で、肌を丈夫にきれいにし、便秘などにも効果的です。
また根に含まれているでんぷん消化酵素のジアスターゼとオキシターゼは炭水化物の消化を助けたり発ガン物質を分解したり、たんぱく質や脂肪の消化を助けるともいわれている健康野菜です。


■だいこんの保存法
保存の適温は5℃前後です。
泥付きなら土の中もしくは新聞紙などに包んで暗い場所に、洗った物は適度な湿度を保つためにビニール袋、新聞紙、ラップなどに包んで冷蔵庫で保存してください。新聞紙に霧を吹いておくとよいでしょう。
大根おろしは水気を切って冷凍保存しておくことができます。あらかじめ小分けにしておくと便利です
■販売担当者
執行役員 蔬菜第二部 部長
今泉 久俊



今月のおすすめやさい


レタス(茨城)
レタス(茨城)

■品 名 レタス
■品種名 レタス
■産 地 茨城県 JA北つくば
■入荷時期 2月上旬〜4月下旬
■最盛期 3月〜4月
■担当者からのコメント
茨城県は全国第2位のレタスの生産地。そのJA北つくばより旬の野菜「レタス」が出回っています。
今、産地では食の安全性や環境保全型農業など、新たな対応が求められています。同JAでは第9回環境保全型農業推進コンクールで農林水産大臣賞を受賞しました。全面マルチ栽培の導入による農薬削減、廃資材などのリサイクル活動などが評価されたものです。そのほか消費者に安心して提供できるレタス生産にこだわり、土作りの励行など次々に新しい取組みを行っており、1998年には性フォルモン剤導入による化学農薬散布の削減、2004年には生産管理台帳の記帳も行っています。まさに美味しく・安心・安全なレタスといえます。
レタスはそのみずみずしさとパリッとした食感から、サラダとして生で食べられることが多いようです。サラダで食べるときには氷水に浸しておくといっそう歯ごたえが良くなります。また煮込みやスープ、チャーハンなど加熱しても美味しく食べられますがシャキシャキとした歯ごたえを生かすのであれば加熱しすぎないよう、手早く調理しましょう。
レタスは鉄の包丁などで切ると切り口の酸化が進み、変色しやすいので一枚一枚手でちぎって調理してください。保存する場合はラップをするか袋などで覆い、冷蔵庫の野菜室へ入れるとよいでしょう。
これからレタスがほんとうに美味しい時期を迎えます。是非ご家庭の料理の引き立て役には欠かせない野菜の一品として今が旬の茨城産「レタス」をたくさんお召し上がりください。
■レタスの栄養価
レタスは鉄分、カルシウムなどのビタミンやミネラル類をバランスよく含んでおり、リンゴ酸やクエン酸なども含んでいるのでさわやかな味わいがあります。
よく切り口から出る乳状の汁はサポニンで苦味がありますが、食欲増進、肝臓や腎臓などの機能を高めます。またレタスには催眠促進物質が含まれており、不眠症や神経過敏症の方にもお勧めです。

■美味しいレタスの選び方
みずみずしく、巻きがゆるく、軽いものが良品です。固く巻いたものは老化玉の可能性があります。
切り口は赤茶色に変色しているものは古いので避けましょう。さらに切り口は10円玉ぐらいの小さなものがよいとされています。圃場管理がよい証拠です。
葉は緑が濃く鮮やかなもので、外葉の白い部分(葉脈)が極端に飛び出していないものを選んでください。
■販売担当者
取締役 蔬菜第二部 部長
片野 富夫



今月のおすすめやさい


親ばかトマト(いわき)
親ばかトマト(いわき)

■品 名 トマト
■品種名 親ばかトマト
■産 地 福島県 JA福島さくら など
■入荷時期 前年12月中旬〜本年6月下旬
■最盛期 1月〜4月
■担当者からのコメント
いわき市菊田施設園芸研究会より12月〜6月にかけトマトが安定供給されています。
しっかりとした果肉と溢れるみずみずしさ、香り豊かでとびきりの甘さの「親ばかトマト」。
ここいわき市では太平洋に面した温暖な土地でこだわりの土づくりと人と環境にやさしいトマト作りをしており、平成14年には福島県特別栽培農産物の減農薬・減化学肥料栽培として認定されました。(認証シールを箱に貼り付けて出荷)本当に安全・安心なトマトとして出荷されています。
さて「親ばかトマト」のネーミングですが、実は「親ばかですが我が家の『自慢』のトマトです。」を略して名付けられたそうでまさにトマト生産者の自信作で、お薦めの商品でもあります。
西洋では「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるくらいトマトには様々な効能がありますが、特にリコピンは心臓病やガンの原因といわれる活性酸素を退治してくれる抗酸化作用があり、抗酸化力はベータカロチンの2倍、悪玉コレステロールの抑制効果もあります。また生で丸ごと食べられるので、熱に弱いビタミンCや皮の部分に多い食物繊維も効率よく摂ることができます。なんとトマト1個で1日のビタミンC所要量の40%の摂取ができるんですよ。
いわきの農産物にも指定されており、ミネラル豊富で健康的にも優れたパワーのある安全・安心な旬の美味しいトマト「親ばかトマト」を是非たくさんご賞味ください。
■美味しいトマトの選び方
一般的にトマトはへたの緑色が濃く、ぴんと張っているのが新鮮である証拠。
丸みがあって重いものがみずみずしくて甘味も強いです。(水に浮かべてみると美味しいトマトは沈みます。)

■トマトは野菜?果実?
かってアメリカではトマトが野菜か果実かで実際に裁判が起こってしまったことがあったそうです。トマトは植物学の分類では果実、つまり果物とされていますが、日本の農産物の分類では「木になるのが果物」と決められているそうで、トマトは野菜に分類されています。

■親ばかトマトについて
親ばかトマトについて詳しくは、助川農園のホームページ(いわき市菊田施設園芸研究会の一員です。)をご覧ください。
■販売担当者
取締役 蔬菜第一部 主管部長
三嶋 龍太郎



今月のおすすめやさい


グリーン・アスパラ(福島)
グリーン・アスパラ(福島)

■品 名 アスパラガス
■品種名 グリーン・アスパラ
■産 地 福島県 JA会津よつば 北会津
■入荷時期 3月下旬〜10月上旬
■最盛期 4月〜6月
■担当者からのコメント
福島県JA会津よつば北会津より、雪解け後の遅い春の陽射しをいっぱい受けて美味しく育った会津の特産品「グリーン・アスパラ」が出荷されています。
アスパラの生育過程は根(根株)をいくつかのアスパラで共有しており、夏から秋にかけ収穫せずに伸び続けた状態にし、その間根株に栄養を蓄えています。そして蓄えた栄養で春になるとぐんぐん伸び、一日に6〜8cmも伸びます。ですから地面に出てきて収穫するまで4日もあれば充分なんです。
この時期のアスパラは柔らかくシャキッとした歯ざわりと、みずみずしさが魅力の野菜です。
さて、アスパラの栄養価としては、野菜の中では珍しくたんぱく質が比較的多く、アスパラギン酸という必須アミノ酸やビタミンA・B1・B2・Cも多く含まれています。アスパラギン酸は疲労回復や新陳代謝を促進したり、たんぱく質の合成を高めてくれる効果があります。穂先には毛細血管を丈夫にする働きのあるルチンが多く含まれており、動脈硬化や高血圧予防によいとされ、利尿効果もあります。またアスパラはカロチン、ビタミンC、ビタミンEを同時に摂取することができ、抗腫瘍作用もあるほか、赤血球をつくるための葉酸を含んでいるため、貧血などにも効果があるといわれています。
会津特産の美味しい春の旬の味覚、健康野菜の「グリーン・アスパラ」を是非ご賞味ください。
■美味しいアスパラの選び方
アスパラは中太で、切り口が乾燥しておらずまた穂先がしっかりつぼんでいるものが良品です。

■アスパラの保存法
アスパラは生のままでは鮮度が落ちるので茹でてから冷蔵庫で保存しましょう。
翌日使う場合は、ゆで汁にひたして密閉容器にいれて保存する。茹でる時間がないときはラップに包み、冷蔵庫の野菜室へ。

■JAあいづのアスパラ情報
alic農畜産業振興機構のホームページ内の産地紹介の中でJA会津よつばのアスパラ情報について詳細な説明があります。
JA会津よつば地区のアスパラ産地紹介ページ(ここをクリック)をぜひご覧ください。
■販売担当者
蔬菜第一部 次長
小松 和徳



今月のおすすめやさい


ブルームレス胡瓜(茨城)
ブルームレス胡瓜(茨城)

■品 名 きゅうり
■品種名 ブルームレス胡瓜
■産 地 茨城県 JA北つくば
■入荷時期 前年12月中旬〜本年4月下旬
■最盛期 2月〜4月
■担当者からのコメント
茨城県はJA北つくばより12月から4月にかけ、美味しい「ブルームレス胡瓜」が出回っています。
JA北つくばは関東平野のほぼ中央、紫峰筑波山を南東に臨む茨城県の南西部に位置し、特に冬春きゅうりの栽培では全国上位の産地となっています。平均気温は13〜14℃と温暖で、冬期の豊富な日射量が多く、きゅうり栽培に適した肥沃な土壌に恵まれており、きゅうりが本来持つ美味しさを引き出した高品質なきゅうりを生産しております。
きゅうりの現況は、根張りの状態は万全ではないものの、日照量に恵まれ、花付き、着果状況ともに概ね良好です。4月上中旬にやや出荷の山が大きくなる模様で5月連休後あたりが出荷ピークとなるでしょう。作付面積の自然減もあり、4月の総体の入荷量は前年並かやや減少も、中旬以降は春作の増量にともない価格は下げ気配が強まるでしょう。
さて、きゅうりは水分が9割以上で、ビタミンC以外の栄養的特徴はありませんが、その緑色のすがすがしさと特有の香り、シャキッとした歯切れのよさとみずみずしさを味わう野菜です。
民間療法では、解熱作用、食欲不振を治し、利尿作用の効果があるとされています。これはカリウムを含んでいるためで、カリウムは塩分を体外に運び、血圧の上昇を防いだり、筋肉の働きをよくする成分です。
きゅうりは漬物や和食、洋食、中華とさまざまな料理にマッチする使いやすい食材です。これからの時季、いろいろな料理法で是非たくさんお召し上がりください。
■ブルームレス胡瓜てなに?
きゅうりは果皮の表面につく白い粉の有無によって「ブルーム胡瓜」と「ブルームレス胡瓜」に大きく分かれます。
ブルーム胡瓜は皮の表面にブルーム(果粉)と呼ばれる白い微小な粉をつけています。これは水分の蒸散を防ぎ、水をはじいて果面を保護するためにきゅうり自身が出す「ろう物質」でかってはこれが新鮮さの象徴でした。決して農薬の付着ではありません。
近年ブルームの出ない接ぎ木の台木が見つかり、これだと果皮に光沢があり、美しく、日持ちがよく新鮮に見えることから、ブルームのないブルームレス胡瓜が市場を占めるようになりました。


■きゅうりの保存法
きゅうりはそれほど長持ちする野菜ではありません。
水気に弱く、傷みやすいので保存するときには水気をよく拭き、ポリ袋などに入れ、へたを上に立てた状態で冷蔵庫の野菜室に入れましょう。
■販売担当者
蔬菜部 常務取締役
志賀 一義




今月のおすすめやさい


うるい(福島)
うるい(福島)

■品 名 うるい
■品種名 うるい
■産 地 福島県 JA夢みなみ あぶくま石川
■入荷時期 2月上旬〜5月上旬
■最盛期 2月〜4月
■担当者からのコメント
福島県JA夢みなみ(あぶくま石川)より、昨今の自然食ブームで人気上昇中、山菜の代表格「うるい」が出回っています。
ユリ科に属し、アジア東部でも本州北部・中部の山地や丘陵・草原などの湿り気のあるところに自生し、その種類は20以上あります。学名はオオバギボウシと言います。
広い楕円形の葉は根生葉で、根元で束になって生えています。
葉の長さは20〜25cmで掘り出すようにして摘み取ります。すぐ水洗いすると、緑色の葉の下に純白の茎が現れ、みずみずしく透き通るような美しさです。若葉は柔らかく、特有のヌメリもうまみのひとつです。
味や香りにくせがなく、独特のしゃきしゃきとした食感もあり、まさに早春を謳歌している気分になり絶品です。また山かんぴょうの名もあり、乾燥させて保存食にも利用されます。
うるいにはビタミン類やミネラルの他に、ヌメリ成分の中に多糖類が多く含まれていますので、リンパ球を増やして病気に対する抵抗力を高める効果もあります。
これからの季節、いろいろな山菜類が美味しい時期を迎えます。その中でも美味しさナンバー1の山菜、また和食にも洋食にも使えるちょっとお洒落な新感覚野菜、福島産「うるい」を是非ご賞味ください。
■美味しい食べ方
表面の乾いたはかまを取り除き、軽く塩をした湯で茹でてから和え物やお浸しなどにすることが多いです。またスープなどの具材などにも使えます。
そのほか独特の歯ざわりを生かし、生のままサラダに使うこともできます。またてんぷらはもちろん、炒め物にもよく合います。
さっと塩茹でしてパスタの具材やメイン料理の付合わせにも彩りがあってよいでしょう。

■JA夢みなみ(あぶくま石川)の山菜類について
JA夢みなみ(あぶくま石川)では特産品としてうるいのほか、しどけ、あいこなどの山菜類も栽培しております。
詳しくはJA夢みなみ(あぶくま石川)のホームページをご覧ください。
■販売担当者
蔬菜部 常務取締役
志賀 一義



今月のおすすめやさい


春キャベツ(千葉)
春キャベツ(千葉)

■品 名 キャベツ
■品種名 春キャベツ
■産 地 千葉県 JAちばみどり銚子野菜連合会
■入荷時期 前年10月中旬〜本年6月上旬
■最盛期 前年11月〜本年4月(春キャベツ)
4月〜5月(新キャベツ)
生産情報など詳細については銚子野菜連合会のホームページをご覧ください。(野菜のできるまで・キャベツ)
■担当者からのコメント
千葉県JAちばみどりより灯台印の春キャベツが10月から6月にかけ順調に出回っています。
同JAでは黒潮の恵みによる温暖な海洋性気候を生かし、昭和28年から作付が開始されました。昭和32年より「灯台印」の名称で出荷され、現在では銚子を代表する農産物として指定産地にもなっています。
産地では主として葉の柔らかさとみずみずしさ、また甘さで好評な春系キャベツが栽培されており、とくに春系品種「金系201号」の導入や栽培が難しい厳寒期収穫には耐寒性の強い「YR春系305号」などの品種を導入することにより、11月から6月までという長期出荷が可能となっています。さらに昭和50年頃からはキャベツの畝間にさらにキャベツを作付する「二番ざしの方法」が普及するようになり、作付面積の拡大が図られ、今では冬春栽培では日本一の栽培面積となっています。また産地では現在、環境にやさしい農業を推進しており、平成15年には農薬・化学肥料の使用は慣行の50%以下、生産履歴の記帳・開示など厳しい基準の「ちばエコ農業産地」の認証も受けております。
キャベツはビタミンCをはじめ、カルシウム、カリウム、ビタミンUなど豊富に含んだ健康野菜です。特にビタミンU(キャベジン)は胃潰瘍に効果があるといわれており、胃腸の調子を整える野菜として最適です。
キャベツは日本での栽培面積、収穫量ともにだいこんについで多い人気の野菜。いろいろな料理法にも対応できる万能野菜です。これからますます美味しくなってくる本場千葉産「春キャベツ」をたくさんお召し上がりください。
■美味しいキャベツの選び方
春系キャベツは巻きが柔らかで弾力のあるもの、寒玉(冬キャベツ)は巻きが固く重量感のあるものがよいでしょう。また外葉が濃い緑色をしているものが新鮮です。
上部に割れ目が入っていたり、芯の切り口が割れているものは古いキャベツですので芯の切り口が新鮮なものを選びましょう。

■キャベツの保存法
涼しい季節の保存なら、新聞紙などで包み冷暗所においても大丈夫です。
カット売りの場合は冷蔵庫の野菜室に入れ、できれば新聞紙や湿らせた紙でくるみ、ポリ袋で軽く包むとよいでしょう。

■キャベツの名前の由来?
キャベツという名は英語の(Cabbage)。
キャベッジがなまったものです。キャベッジは頭でっかちをからかう古いフランス語カボシュからつけられたとのことです。
■販売担当者
蔬菜第二部 副部長
阿部  宏



今月のおすすめやさい


レイシ(沖縄)
レイシ(沖縄)

■品 名 レイシ(ゴーヤー)
■品種名 レイシ
■産 地 沖縄県
■入荷時期 1月〜6月
■最盛期 4月下旬〜5月中旬
■担当者からのコメント
現在、沖縄県産「にがうり(苦瓜)」が入荷しています。
苦瓜は沖縄本島ではゴーヤー、宮古島ではゴーラー、八重山地方ではゴーヤと呼ばれ、九州ではレイシ、ニガゴリ、ニガゴイなどと呼ばれていますが、正式和名は「つるれいし(蔓茘枝)」と言います。原産は熱帯アジアで、日本には江戸時代に中国から入ってきたと言われています。
表面にイボ状の凸凹と独特の苦味が特徴で、その凸凹の部分は水分を蓄え、雨量の少ない土地に適応するようになっているのだそうです。沖縄県が主な特産地で、そのほか九州などでも生産されており、最近ではハウス栽培で各地で生産されはじめました。
日本での消費量は約8500トンでその6割以上が沖縄県で消費されているそうです。
レイシにはビタミンCをはじめミネラルが多く含まれており、夏バテ予防や食欲増進に効果があるということが以前から知られていましたが、さらに今日では果皮に含まれているモモルデシンやチャランチンという成分に血糖値を下げる効果があることが分かってきました。他にも血圧を下げる効果も認められています。また種に含まれる成分にも強い血糖値降下作用や精力増強作用があるようですし、葉や茎の成分には解毒・鎮痛作用もあるようです。
苦味が売りの野菜ですが、またこの苦味こそが美味しさです。
健康的にも優れている今が旬の野菜、沖縄産「レイシ」を是非お召し上がりください。
■料理のコツ
レイシの特徴は独特の苦味。料理のちょっとしたコツで苦味もマイルドになります。レイシは縦に割り、種とワタの部分(ワタの部分は特に苦味が強い)を取り除く。塩もみや茹でたり、たっぷりの油で炒めることで苦味がマイルドになります。あまり長時間茹でるとビタミンCが流出してしまうのでさっと茹でるのがコツ(20秒位)。

■レイシの保存法
中の種から傷むので縦に2つに割り、種の部分をくりぬき、ラップで包む、または保存袋にいれて冷蔵庫で保存しましょう。

■レイシの選び方
表面のイボに張りがあり、つぶれていないもの。イボが細かく密になっているもの。全体の色が均一のものが良品です。また色の濃いものほど苦味があります。
■販売担当者
蔬菜第二部 次長
大谷 千勝



今月のおすすめくだもの


田浦甘夏柑(熊本)
田浦甘夏柑(熊本)

■品 名 あまなつかん
■品種名 田浦あまなつかん
■産 地 熊本県 田浦地区
■入荷時期 1月下旬〜6月上旬
■最盛期 4月〜5月
■担当者からのコメント
熊本県は田浦地区より甘夏柑が出回っています。
田浦地区は海岸に向って傾斜した地形と温暖な気候を生かし、昭和24年から甘夏柑の栽培が始まり、今では日本一の生産量を誇る甘夏の里として全国に名を知られています。
甘夏柑は昭和10年頃、大分県津久見市の川見豊氏の普通夏橙園で偶然発見され、この一本の木から接ぎ木を重ねて全国に広がったものです。とくに3月から5月にかけてが旬ですが、今の時期が最も美味しくなります。一時はグレープフルーツの輸入自由化や消費者ニーズの変化により消費量が減っていましたが、自然志向が高まる中、さっぱりした酸味とすっきりした甘味、爽やかな香りの初夏の柑橘として現代人の心をとらえ最近では盛り返しています。
甘夏柑の現況は、もともと生産量が少ないことに加え、前進出荷傾向から、本月は入荷量は前年に比べやや少ない見通しで、また切り上がりが早いでしょう。ただし品質・食味などは良好です。
さて、甘夏柑の効能としては他の柑橘類と同じくビタミンCが豊富で、疲労回復や肌の新陳代謝を良くするほか、粘膜を丈夫にし風邪の予防にも役立ちます。酸味の主な成分はクエン酸で、動脈硬化防止、疲労回復などの効果のほか、食欲増進にもつながります。また果皮には発ガン抑制効果物質「オープラテン」も含まれていますのでマーマレードやジャムにしても美味しくいただけます。サラダとの愛称もよい甘夏柑、少し汗ばむこの時期に今が旬の味覚「マル田甘夏柑」はいかがでしょう。
■美味しい甘夏柑の選び方
へた枯れ、へた落ちがなく、果皮が橙色で表面の凸凹が少なく、手に持って見て重量感のあるものを選びましょう。

■甘夏柑の保存方法
へたのついていないものは味や成分が低下しやすいので早めに食べましょう。ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存すると長く持ちます。

■美味しい食べ方
もちろんそのまま食べても美味しいですが、酸味が苦手な人は砂糖を加えたり、ヨーグルトとあえながら食べるとさらに美味しくいただけます。皮もマーマレードやジャムなどにして調理すると無駄なく食べられますよ。

●4月1日は『熊本甘夏の日』です。
熊本果実農業協同組合が制定。2006年、熊本甘夏が熊本市場に出荷されて50周年を迎えたことから制定されました。
■販売担当者
取締役 果実第一部 部長
高木 政直



今月のおすすめくだもの


アンデスメロン(熊本)
アンデスメロン(熊本)

■品 名 メロン
■品種名 アンデスメロン
■産 地 熊本県 JA熊本うき
■入荷時期 3月上旬〜5月上旬
■最盛期 3月〜4月
■担当者からのコメント
日本一のメロンの産地・熊本県のJA熊本うきより、一般的なメロンの中で最もポピュラーなメロンで、コクのある甘さとイエローグリーンの果肉が爽やかな春の味覚「アンデスメロン」が3月から5月にかけ出回ります。
同JAのメロン類は、宇城の海岸部から山間部に至るまで栽培されており、この地形を利用して冬の寒い時期には海沿いの暖かい所、夏の暑い時期には山沿いの涼しい所でメロンの生育に合った作型で栽培されています。栽培されている品種の中心はアールスを筆頭に青肉系のアンデスメロン、赤肉系はクインシー・パリスメロンなどがあります。
アンデスメロンはアールスとコサック、ハネデューなどの交配種で昭和52年に日本の種苗メーカー「サカタのタネ」が開発した品種です。名前のアンデスは南米のアンデス山脈とは関係なく、今までのメロンより虫害を少なくし ” 安心して栽培・販売・購入できる ” の『安心です』を縮めたものだそうです。
さて、メロンには体によいいろいろな効能があるといわれていますが、その中でもカリウムが多く含まれており、この成分は体から排出されるときナトリウムを道づれにする性質をもっているため体内の塩分調整に効果があり、高血圧・動脈硬化・心臓病などによいとされています。またアミノ酸も豊富に含まれており、体内で尿をつくる働きがあることから利尿効果があり、二日酔い、腎臓炎などにもよいといわれています。さらにビタミン類や繊維質も豊富で美容と健康にとってもヘルシーな果物です。
みずみずしい果肉と、とろけるような甘さと芳香…。これから春本番を迎え、メロンの美味しい季節となってきます。産地で自信を持ってお薦めする今が旬の味覚「熊本産アンデスメロン」を是非お召し上がりください。
■メロンの網目はどうしてできるの?
アールス、アンデスなどの網目(ネット)メロンは生育途中で表皮部分の成長が止まって固くなりますが、果実自体は肥大し続け、そのときに表皮にひび割れができます。
この傷を塞ぐために結合組織が発達して網目が形成されます。

■美味しいメロンの見分け方
網目(ネット)メロンの場合、ネットが細かく均一にたくさん張っているものが良品といわれています。また同じ大きさなら比較してズッシリと重い方を選んでください。軽いものは種の部分が多い可能性があるからです。また花落ち部(お尻の部分)は大きく飛び出してなく小さいものが良品です。(1円玉の大きさが目安)

■メロンの美味しい食べ方
メロンは購入された後、食べ頃になるまで常温で保存しておきます(追熟)。
芳香が強くなり、花落ち部(お尻の部分)を静かに押すと柔らかく感じるころが食べ頃です。食べる前に1〜2時間ほど冷蔵庫で冷やしてから食べるとより一層美味しくいただけます。(冷やしすぎは味が落ちます)
■販売担当者
取締役 果実第一部 部長
高木 政直



今月のおすすめくだもの


すいか(熊本)
すいか(熊本)

■品 名 すいか
■品種名 すいか
■産 地 熊本県 JA熊本市
■入荷時期 4月上旬〜6月上旬
■最盛期 4月下旬〜5月中旬
■担当者からのコメント
熊本県のJA熊本市より4月〜6月にかけ、いよいよ春を呼ぶ美味しい「すいか」が本格出荷されます。
すいかを漢字で表すと「西瓜」。西方からやってきたこの瓜の原産はアフリカのカラハリ砂漠という説が有力です。
熊本での栽培暦は古く、1735年の肥後之国熊本領産物帳にはすいかの名を見つけることができます。すいか栽培においては従来からつる割れ病などの連作障害が最大の問題となっていましたが、病菌に強いユウガオの台木にすいかを接木する方法が開発され、この技術は熊本県でも研究が盛んに行われ定着していったとのことです。昭和30〜40年代に入ると栽培技術の進歩や雨除けのためのビニールトンネルやビニールハウスといった施設を利用した栽培がきっかけとなり、早出しすいかの生産が始まりました。それ以降、施設栽培は急激に普及し、大型化していく中で生産量は年々増加し、熊本すいかは作付面積・収穫・出荷量ともに日本一となったのです。とくに熊本産の早出しすいか栽培は品質を安定させるため、一本の苗より一個収穫という方法をとっています。(他産地では1本の苗から5〜6個以上収穫している)そのため、なかなか再生産価格の確保がむずかしい状況で、本年産も作付は微減しております。
当月のすいかの現況は天候に恵まれ、順調な生育から前進出荷となっており、前年に比べ2割程度入荷量が増加しています。中心サイズはMサイズで、中旬以降はM・L、下旬からはLサイズが増えてくるでしょう。4月は前年に比べ出荷は多いものの、本当のピークは5月連休明けからとなります。
さて、美味しいすいかの見分け方・選び方は表面にツヤと張りがあるもの、指で弾くとコンコンと澄んだ音がするもの、また縞模様に乱れがなく濃い緑色をしたものが良いでしょう。カットすいかの場合、赤い果肉と皮に近い部分との境目がぼやけているものは少し水っぽいことがあるようです。
丸くて大きなからだに甘い果汁たっぷりの瑞々しい旬のすいか、美味しい熊本産「すいか」を是非ご賞味ください。
■すいかの栄養と効能
すいかの成分のうちその91%は水分です。しかし意外にもその栄養価は高く、また各種のアミノ酸も含まれています。

@腎臓をいたわるすいかの成分
腎臓の妙薬といわれているすいかは、カリウムやシトルリン、ピコリン、リン酸などの利尿を促す成分が豊富に含まれており、腎機能の衰えからくるむくみや尿毒症を改善する効果が期待できます。昔から保存用に果肉と果汁を5〜6時間かけて煮詰める「すいか糖」が作られていました。

A種の栄養価にも注目!
ふつうは食べるときに捨ててしまうすいかの種、実はコレステロールの低下にも効果があるリノール酸を豊富に含んでいます。
きれいに洗って陰干ししたものをフライパンで軽く煎って塩をふるとナッツ感覚で食べられます。

BビタミンCを有効に摂る作用
すいかの糖分は還元糖でビタミンCの酸化や破壊を防ぐ力があります。
野菜サラダにすいかを加えたり、ジュースにしてみたりとか、すいかを使ったいろいろな料理、デザートでヘルシーな食習慣を作ってみませんか。
■販売担当者
取締役 果実第二部 部長
草野 青史



今月のおすすめくだもの


有袋ふじりんご(青森)
有袋ふじりんご(青森)

■品 名 りんご
■品種名 ふじりんご
■産 地 青森県 JAつがる弘前、JA相馬村 など
■入荷時期 4月中旬〜6月下旬
■最盛期 4月〜6月
■担当者からのコメント
りんごの王様「ふじりんご」がJAつがる弘前はじめ、青森県内各JAより本格的に出回っています。
青森県では日本で生産されるりんごの約55%(平成16年)を占め、生産量日本一であり、さらに2001年には品種別生産量で世界一となりました。
ふじは国光とデリシャスの交配種で、昭和37年当時、青森県藤崎市の園芸試験東北支場(現在農水省果樹試験場)で生まれ、品種名は藤崎市にちなんで名づけられたそうです。
ふじは特に食味(甘味と酸味のバランスに優れてる)がよく、また果肉の果汁が多く適度な硬さもあり、完熟すると果肉に蜜が入り、一層美味しくなります。また日持ちのよさでも人気が高く、日本のりんご生産量の50%以上を占めている大人気品種です。
有袋ふじは光を通さない袋を果実にかけ、風雨から守られて育つので、果皮に擦れがなく綺麗に仕上がります。収穫前に袋をとり強い日光を浴びることで真っ赤な美しい色合にもなります。
さて、当月下旬より有袋ふじの出荷が始まりますが、産地での貯蔵量は少なかった前年をさらに下回る貯蔵量となっています。
食味・品質などについては良好で、価格については前年並で推移するでしょう。
さて、昔から「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とも言われるように、りんごには動脈硬化、糖尿病、大腸がん、高血圧など生活習慣病の予防に効果がある食物繊維やカリウムが多く含まれているので毎日1〜2個のりんごを食べるのが理想的です。
太陽をいっぱい浴びて健康的にも優れた美味しい旬の青森産「有袋ふじりんご」を是非たくさんお召し上がりください。
■有袋ふじとは?
ふじりんごに袋をかけて育てた有袋栽培のことで、長期販売を目的に有袋で栽培し、りんご専用の冷蔵庫で貯蔵します。
CA (Controlled Atmosphere ) 貯蔵という特別な冷蔵庫でりんごの鮮度を保たせた美味しいりんごです。

■りんごの蜜はなぜ入るの?
りんごの肥大期に、寒さなどのストレスによって、果実を作る養分(ソルビトール)が果糖、しょ糖などに分解されずに細胞と細胞の間に溜まり、これに水分が引き寄せられて蜜が出来ます。(りんごの蜜は完熟の証になっています。ただし全ての品種に蜜が入ると思われがちですが品種により差があります。)

りんごに関して生育過程や流通過程、りんごの効能などについて詳しく知りたい方は
JAつがる弘前のホームページ(うまい!津軽のりんご)
を是非ご覧ください。
■販売担当者
果実第二部 部長
根本  修



今月のおすすめくだもの


デコポン(熊本)
デコポン(熊本)

■品 名 不知火(しらぬい)
■品種名 デコポン
■産 地 熊本県 JA熊本うき
■入荷時期 前年12月〜本年5月上旬
■最盛期 1月〜4月
  写真の中に「デコポン発祥の地」の記念碑も紹介して
います。
■担当者からのコメント
果樹王国くまもとの中でもこの季節一押しの果物「デコポン」がJA熊本うきより順調に出回っています。
管内の不知火地区はデコポンの発祥の地。有明海に面していることから、海からの光の反射をふんだんに受け、温暖な気候のためとても美味しい柑橘類ができる産地です。
その柑橘類の中でもデコポンは自慢の逸品で、ぽんかんと清見の掛け合わせで生まれたことから、デコのある清見ポンカンということでデコポンという名前がつきました。へたの周りが出っ張ったユーモラスな形が特徴で、その不恰好な姿からは想像もつかないような抜群の味。強い甘みとほのかな酸味のバランスが絶妙で一度食べたら誰もが虜になってしまいます。また香り高い皮は柔らかいため、手で簡単にむくことができ、中の袋が薄く、種がないため袋ごと手軽に食べることができます。
当JAではさらに美味しさを追求し、デコポンの品質を守るため厳しい基準が設けられており、1個、1個、光センサーで測定し糖度13度以上、酸度1%以下の高品質のものだけを厳選し、自信を持って出荷しております。
本月も前月に続き露地ものの出荷となります。本当に味がのって美味しいのは露地もの。樹になっていた分、樹や土からたくさんの「おいしさの素」をもらっているから美味しいんです。
さて、デコポンは他の柑橘類と同様、ビタミンCが多く、疲労回復や肌の新陳代謝をよくするほか、粘膜を丈夫にして風邪の予防に役立ちます。内袋がやわらかいので、袋ごと食べれば食物繊維の効果で便秘の解消にも期待できます。
みかんも終了期となりほかの柑橘類も欲しくなってくるこの頃、只今人気急上昇中の旬の柑橘類、発祥地・熊本産の厳選された美味しい「デコポン」をよろしくお願いします。
■デコポンについて
デコポンは収穫後すぐに食べても特有の甘みがありません。冷暗所に保存し、晩柑橘類特有の「追熟」をさせています。
美味しくなったころを見計らって出荷されるのですが、新鮮なものよりちょっとだけしなびた頃のほうが酸味も抜け、甘さも増し、美味しいようです。

■デコポンの謎?
デコポンはその愛らしいデコが特徴です。
でもなぜできるかと言うと、その秘密は気温にあります。昼と夜の気どちらもデコポンです。デコがあるか?ないか?大きい?小さい?は味に全く変わりがありません。温差が大きければ大きいほどデコができやすくなるんです。
ところでデコの中には何か入っていると思いますか?。
実は何も入っていないんです♪。(ToT)/~~

■デコポンを詳しく知りたい
JA熊本うきではデコポンの栽培方法、出荷方法などをホームページで紹介しています。詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。
JA熊本うきのホームページ(デコポン)
■販売担当者
果実第一部 部長
加藤 勝行



今月のおすすめくだもの


蒲郡ハウスみかん(愛知)
蒲郡ハウスみかん(愛知)

■品 名 温州みかん
■品種名 温州みかん(温室・ハウス)
■産 地 愛知県 JA蒲郡市
■入荷時期 4月上旬〜9月下旬
■最盛期 6月〜8月
■担当者からのコメント
いよいよ愛知県JA蒲郡市より本年産温室みかんが出回ります。産地では地温冷却栽培法(土を冷やして、樹に冬が来たと思わせ花を早く咲かせる栽培法)で、4月〜9月ころまで美味しいみかんを安定供給することができます。
蒲郡市でみかん栽培が増加したのは明治の初め、昭和に入ってから本格化しました。昭和30年以降みかん産業はさらに大きく成長しましたが、昭和47年の全国的な大豊作による価格の暴落を転機に昭和48年にハウス栽培(温室みかん)が試みられ、急速に広がっていきました。
蒲郡市は東、北、西は五井山などの山々に囲まれ、南は三河湾に面しているので、冬は暖かく、とても温暖なところです。ここではみかん作りに欠かせない太陽の光と温度が保たれるようにハウスは南向きに建てられています。また、ハウスの高さを高く作り室内温度を均等にすることでみかんの樹の上から下まで一斉に色付くように工夫されていて、色も味もばらつきのない美味しいみかんができるようになっています。さらに産地ではみかんの品種を他の産地では作り難い宮川早生に統一しています。宮川早生は糖度と酸度のバランスがよく、味にコクがあり、完熟すると "うち袋" が柔らかくなり、そのまま袋ごと食べられます。また皮が薄く、中身がしっかりとしていて、果汁がたっぷりとしたジューシーなみかんです。
愛知県内の温室みかん生産量は佐賀県に次ぐ全国第二位で、そのうち6割強がこの蒲郡地区で栽培されています。出荷形態は2L〜Mサイズは2.5s化粧箱、S〜2Sサイズは1.2s化粧箱となっています。温室栽培のため、冬場のみかんと比べ糖度が高く、安定した食味となっており、食べる一時間ほど前に冷蔵庫などで冷やして食べると一層美味しくいただけます。
やさしくまろやかな甘味とたっぷりな果汁が自慢の蒲郡温室みかんは食後のデザートに、お客様の接待など、またご進物・ご贈答などにもたいへん喜ばれます。是非この季節、たくさんお召し上がりください。
■みかんの優れたパワー
@発ガンを抑制
ガン細胞に強力なバリヤー役をするベータクリプトキサンチンが多く含まれています。その含有量はオレンジの約100倍、発ガン抑制効果はベータカロチンの約5倍でみかん一日1〜2個で食べるだけで十分効果があるといわれています。

AビタミンCを効率よく摂取
ビタミンCの含有量は100gあたり約35r。こわれやすい性質のビタミンCを皮や袋がしっかりガードしてくれるので効率よく摂取することができます。

B食物繊維が多く整腸作用がある
中の袋についている白いスジにはペクチンが豊富に含まれています。
ペクチンは水溶性の食物繊維で、腸の中で水分を調整し、便秘を解消する力があります。また逆に下痢を抑制する効果もあり、整腸作用に優れた効果がるといわれています。
そのほかにもみかんにはたくさんのすぐれた効能があります。

蒲郡みかんに関するいろいろな情報については蒲郡みかんのホームページを是非ご覧ください。
■販売担当者
果実第一部 副部長
志賀 和典



今月のおすすめくだもの


ふくはる香.いちご(福島)
ふくはる香いちご(福島)

■品 名 いちご
■品種名 ふくはる香いちご
■産 地 福島県 JA東西しらかわ ほか
■入荷時期 前年12月中旬〜本年5月上旬
■最盛期 3月〜4月
■担当者からのコメント
福島県JA東西しらかわより、大玉果で糖度が高く、強い甘味が特徴のとっても美味しい「ふくはる香いちご」が順調に出回っています。
同JAでは福島県の最南端で本県いちご販売額の約1割を占めるまで着実に産地拡大が図られ、平成15年からいちご産地改革計画で減農薬・減化学肥料による高付加価値化を推進し、持続性の高い農業生産方式の取組みでは部会員がエコファーマーとなり、環境に配慮している産地でもあります。また15年度から福島県オリジナル品種の「ふくはる香」を導入し、JAブランドの「みりょく満点いちご」として出荷しています。
ふくはる香は福島県農業試験場において、女峰より良食味・大果で、促成栽培に適する高品質多収品種の育成を目標として、平成7年に章姫とさちのかを交配し、以後選抜を重ねながら平成14年に育成を完了し、平成15年2月にふくはる香として品種登録をした福島県生まれの新品種です。ふくはる香という品種名称は「福島の春の息吹と甘い香りをいちはやく消費者に届け、幸福感をともに味わいたい」という意味が込められているそうです。
さて、いちごには様々な効能があり、まずいろいろな果実の中でもビタミンCの含有量がナンバーワンで、レモンの2倍のビタミンCが含まれており、生活習慣病予防や風邪、美肌効果などがあります。大人が1日に必要なビタミンCの量は50gと言われていますが、いちごの大粒なものを5個も食べれば摂取できます。またビタミンCはコラーゲンの生成に重要な役割をもっており、血管・皮膚・粘膜などを丈夫にします。さらに最近ではいちごの天然甘味料(キシリトール)は虫歯予防にも効果があると言われています。
この季節、春の訪れにふさわしい今が旬の美味しいいちご、福島県オリジナル品種「ふくはる香いちご」を是非たくさんお召し上がりください。

※全国いちご消費拡大協議会が、毎月15日を「いちご」の語呂合わせと言うことで『いちごの日』と定めています。
■美味しいいちごの見分け方
いちごはなんといっても鮮度です!。
ポイントとして、まずは実の全体が赤く艶の良いものでツブツブが立っているもの、いちごのへたが濃い緑でみずみずしいもの、スーパーなどではパックの底を見て、つぶれやキズなどのないものを選んでください。

■いちごは果実?
一般的には果実として取り扱われていますが実はバラ科の野菜。メロンやすいかとともに「果実的野菜」と言われています。

■いちごの美味しい食べ方
いちごは果実の先端にいくほど糖度が高くなりますので、へたの方から食べると美味しく食べられます。

■いちごの保存法
買ってきたら、いたみをチェックし、浅めのパッドなどに移しかえます。重ねるといたみやすいので、重ねないでへたの方を下にして一段に並べ、ふたやラップをして冷蔵庫で保存します。(3日位持ちます)
またへたを取るといたみやすいので、へたはつけたままにしておきましょう。
■販売担当者
執行役員 果実第二部 部長
内藤 常夫



今月のおすすめくだもの


キウイフルーツ(愛媛)
キウイフルーツ(愛媛)

■品 名 キウイフルーツ
■品種名 キウイフルーツ
■産 地 愛媛県 JAうひめ中央
■入荷時期 1月下旬〜4月下旬
■最盛期 3月〜4月
■担当者からのコメント
国内生産量第一位の愛媛県、JAえひめ中央より春を告げる果実「キウイフルーツ」が出回っています。
トロピカルフルーツのイメージが強いキウイフルーツ、実は中国が原産で、日本でもサルナシと呼ばれる野生種があります。
愛媛県には昭和40年代後半、ニュージーランドなどから組合や愛媛県果樹試験場に導入され、その後みかんや稲作の転換作物として昭和50年代後半から急速に栽培が進み、今では当JAは全国でトップクラスの産地となっています。
甘酸っぱくてみずみずしいキウイフルーツにはさまざまな効能があり、とくにビタミンCはみかんの約2倍。生食できるフルーツの中ではもちろんトップクラスで、一日1個で必要なビタミンCが摂取できるほか、風邪予防・疲労回復・美肌効果があり、食物繊維も豊富なので整腸作用にも優れています。カリウムは塩分の排出・高血圧の予防に効果があり、さらにカルシウムや鉄分などのミネラル分もフルーツの中では多く含まれています。またアクチニジンというたんぱく質分解酵素も含まれており、お肉料理の後、消化を促進するといわれており、調理前の下ごしらえにキウイ果汁を使うと柔らかくなるともいわれています。そのほかにもたくさんの効能があり、以前にフルーツ研究に熱心なアメリカのある大学がWもっとも健康によいフルーツは?Wとのテーマでいろいろなフルーツの成分を分析調査したところ、キウイがトップに選ばれたそうです。
この時期、栄養満点な旬の味覚、さわやかな酸味と甘さの人気のフルーツ、愛媛県産「キウイフルーツ」を是非たくさんお召し上がりください
■キウイの追熟について
キウイは樹上で熟さないので収穫後に追熟させて楽しむフルーツです。
お店で買った後、まだ硬いものはご家庭でお好みに合わせて追熟させましょう。
目安は(縦に)上下を挟んで少しへこむ位がベスト。20度を超えない室温で放置するだけでもよいし、小さな穴を開けたポリ袋にりんごと共に入れておけばより早く食べ頃を迎えることができます。(りんごから発生するエチレンガス(植物ホルモン)が追熟を促進してくれます。)

■キウイフルーツの名の由来
ニュージーランドにWキウイWという名前の鳥が生息していてその鳥にとても似ているフルーツなのでキウイフルーツと名付けられたそうです。ニュージーランドの国鳥”キウイ”
ちなみにWキウイWはニュージーランドの国鳥なのです。
■販売担当者
取締役 果実第一部 部長
高木 政直



株式会社 平果
〒971-8139 福島県いわき市鹿島町鹿島1番地 TEL 0246-29-6211  FAX 0246-29-6220 E-mail soumu@heika.co.jp