いわき市中央卸売市場 ~ 株式会社 平果

8月 (August) お盆の月、熱い夏から秋への季節の変わりめとなります。

 8月(August)。和風月名は、葉月(はづき)、旧暦8月は木の葉が黄葉して落ち始める時期で、「葉落ち月」「葉月」と訛ったものであるという説があります。他には稲穂に関係して「穂張り月」の略という説や、秋を知らせる雁が初めて渡ってくる月、つまり「初来(はつき)月」だという説もあります。
 さて7日には立秋と暦の上では秋になりますが、暑さの厳しい毎日が続きます。また8月15日を中心に多くの地域でお盆が行なわれます。
「盆と正月」という言葉に代表されるように、日本人にとってお盆はお正月と並ぶ大切な年中行事です。宗教的な意味合いのみでなく、子供達は夏休みの真っ只中、会社にとってはお盆休みがあるなどの理由からお盆にはふるさとに帰省したり、家族で旅行に出掛けたり、夏祭り、盆踊りなどの行事、花火大会などのイベントもたくさん行われることでしょう。中旬、お盆を過ぎて残暑が緩むころから、少しづつ夏の疲れが出始める時季でもあります。夏バテなどせずに楽しくお過ごしください。
盛夏を迎え、野菜・果物とも美味しい時期となります。特にこの月のお奨め商品として野菜では、きゅうり・なす・トマト・とうもろこし・えだまめなど、果物ではもも・メロン・すいか・ぶどう・ハウスみかんなどがあります。
どうぞ夏の味覚をぞんぶんにお楽しみください。またお中元などのご贈答にもぜひご利用ください。

■8月31日/野菜の日
…野菜の日とは1983(昭和58)年に全国青果物商業協同組合連合会など9団体がもっと野菜について認識してもらいたいと『や(8)(3)(1)』の語呂合わせからこの日を定めたそうです。この時季は残暑も厳しく夏パテで食欲がなくなる方も多いハズ。こんなときほど野菜をしっかり摂りましょう。

 

新型コロナウイルス感染予防対策について

新型コロナウイルスの感染が拡大している現状において、当社としましても下記のような感染予防対策を講じておりますのでぜひご覧ください。

平果における新型コロナウイルス感染予防対策について

福島第一原子力発電所事故にともなう農産物の摂取及び出荷制限について

只今、国や県からの指導により一部農産物において摂取及び出荷自粛などが実施されております。市場関係者の皆様にはたいへんご不便をお掛けいたしておりますがよろしくお願い申し上げます。

詳しくはふくしま新発売。(福島県) 東電福島原発事故による出荷制限等一覧のページをご覧ください。

いわき市内個人出荷者の皆さまへお知らせ

すでに各種報道などでご存知のとおり、厚生労働省からの通達により平成24年4月から食品衛生法上の暫定基準値が変更となり、野菜・果実などの食品中の放射性物質に関する暫定基準値は「現在の500Bq/kgから100Bq/kg以下」と規制値が厳しくなり、当然ながら規制値を上回るものは販売することができなくなりました。

このことについて、いわき市より、いわき市産農産物の放射性物質の検査について市産農産物を出荷する場合には出荷前に検査を行い、新規制値未満であることを確認するよう、出荷者の皆さまへ指導及び周知するよう依頼がありました。

検査については現在、いわき農林事務所(〒970-8026 いわき市平梅本町15 TEL 0246-24-6162)で検査が可能ですが、当市場においても平成24年4月26日より検査ができる体制が整いました
希望する出荷者の方は当市場内でも検査できますので、ご遠慮なく当社までお申し出ください。

詳しくはこちら

最新情報過去の一覧

8月の休開市カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 市場休業日
  • 臨時休市日
  • 臨時開市日

〒971-8139 福島県いわき市鹿島町鹿島1番地詳しくはこちら

ページの先頭へ