いわき市中央卸売市場 ~ 株式会社 平果

インデックス

ホーム > インデックス

7月 (July) いよいよ夏本番、熱い夏がやってきます。

7月(July)。和風月名は、文月(ふみづき)、七夜月、愛逢月な文月は稲の「穂含月(ほふみつき)」の略という説もあります。そろそろ梅雨も明け、本格的に暑い暑い夏がやってきます。
 とくに梅雨明けは温度が急激に変わりやすく、蒸し暑くなり、服装や嗜好、行動なども変化してきます。当月は海開きや山開きなどが行なわれ、海水浴客や登山者で賑わい、下旬には子供たちは夏休みに入り夏の行楽シーズン真っ盛りになります。地域によっては七夕という代表的な行事もあり、いわき市でも恒例の海開きやいわき港まつり、花火大会、いわき七夕、市内各地域で開催するいわき踊りなど夏祭りのシーズンを迎える月ともなりますが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため残念ながら2年つづけてすべて中止となりました。
これから真夏を迎え、野菜・果物ともほんとうに美味しい時季となります。とくにお勧めしたい商品として野菜では「とうもろこし・えだまめ・かぼちゃ」など、フルーツでは「もも、メロン・す
いか・ぶどう」など夏果実がたくさん出回ります。この機会にどうぞ夏の味覚をぞんぶんにお楽しみください。またお中元などご贈答にもぜひご利用ください。7月27日/すいかの日すいかの縦縞模様を綱にたとえ、27を「つ(2)な(7)」と読む語呂合わせから記念日に定められました。現在のいかは緑の地に黒い縞模様が一般的ですがこのような品種が広まったのは昭和初期以降で、それまでは黒、無地皮でした。

 

新型コロナウイルス感染予防対策について

新型コロナウイルスの感染が拡大している現状において、当社としましても下記のような感染予防対策を講じておりますのでぜひご覧ください。

平果における新型コロナウイルス感染予防対策について

福島第一原子力発電所事故にともなう農産物の摂取及び出荷制限について

只今、国や県からの指導により一部農産物において摂取及び出荷自粛などが実施されております。市場関係者の皆様にはたいへんご不便をお掛けいたしておりますがよろしくお願い申し上げます。

詳しくはふくしま新発売。(福島県) 東電福島原発事故による出荷制限等一覧のページをご覧ください。

いわき市内個人出荷者の皆さまへお知らせ

すでに各種報道などでご存知のとおり、厚生労働省からの通達により平成24年4月から食品衛生法上の暫定基準値が変更となり、野菜・果実などの食品中の放射性物質に関する暫定基準値は「現在の500Bq/kgから100Bq/kg以下」と規制値が厳しくなり、当然ながら規制値を上回るものは販売することができなくなりました。

このことについて、いわき市より、いわき市産農産物の放射性物質の検査について市産農産物を出荷する場合には出荷前に検査を行い、新規制値未満であることを確認するよう、出荷者の皆さまへ指導及び周知するよう依頼がありました。

検査については現在、いわき農林事務所(〒970-8026 いわき市平梅本町15 TEL 0246-24-6162)で検査が可能ですが、当市場においても平成24年4月26日より検査ができる体制が整いました
希望する出荷者の方は当市場内でも検査できますので、ご遠慮なく当社までお申し出ください。

詳しくはこちら

〒971-8139 福島県いわき市鹿島町鹿島1番地詳しくはこちら

ページの先頭へ