いわき市中央卸売市場 ~ 株式会社 平果

インデックス

ホーム > インデックス

10月 (October) 収穫の秋、食欲の秋などいよいよ秋本番の月です。

10月(October)。和風月名は神無月(かんなづき)。日本全国の神様がいろいろな話し合いをするため、毎年10月に出雲国に集まるので、各地の神様が留守になることから「神無月」といわれるようになった説が有力であります(神様が集まる出雲国だけは「神在月」と呼ばれています)。また雷の鳴らない「雷無し月」、その年に収穫した新しいお米で酒を醸し造る「醸成月」とする説もあります。
木の葉がきれいに色づき始め、急に秋の気配が漂い始めるこの季節、収穫の秋や食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などの言葉があるように10月はさまざまなイベントや味覚を楽しめる時季でもあります。

 本月8日は二十四節気のひとつ寒露。旧暦九月戌(いぬ)の月の正節で、朝露を踏むと一段と冷たく秋が深まり行く時季となります。また18日は十三夜(栗名月)。20日は秋土用入、23日は霜降(そうこう)。朝晩の冷え込みがさらに増し、北国や山里では霜が降りはじめるころ。露が霜に変わり、だんだんと冬が近づいてくる時季となります。

 月末にはハロウィンの日が待っています。ハロウィンとは万聖節(11月1日、諸聖人の祝日)の前夜祭にあたる行事のことで、もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事がキリスト教に取り入れられたと言われています。日本のお盆のようなもので、過去に亡くなった人がこの日にはよみがえると考えられており、仏教徒の多い日本ではありますが、仮装したり、お菓子をもらったりと、最近では大人や子供たちにとって楽しめるイベントの一つとなっております。
 いろいろ楽しみのある秋の夜長は美味しい野菜・フルーツでお過ごしください。
とくにこの月のお奨め商品としては「秋なす・かんしょ」。また芋煮会などに使う「さといも・はくさい・ねぎ・きのこ類」も美味しいです。秋のフルーツとしては「梨・ぶどう・りんご・みかん・栗・柿」など、野菜・果実とも豊富に出回ります。どうぞこの機会に秋の味覚を存分にお楽しみください。

新型コロナウイルス感染予防対策について

新型コロナウイルスの感染が拡大している現状において、当社としましても下記のような感染予防対策を講じておりますのでぜひご覧ください。

平果における新型コロナウイルス感染予防対策について

福島第一原子力発電所事故にともなう農産物の摂取及び出荷制限について

只今、国や県からの指導により一部農産物において摂取及び出荷自粛などが実施されております。市場関係者の皆様にはたいへんご不便をお掛けいたしておりますがよろしくお願い申し上げます。

詳しくはふくしま新発売。(福島県) 東電福島原発事故による出荷制限等一覧のページをご覧ください。

いわき市内個人出荷者の皆さまへお知らせ

すでに各種報道などでご存知のとおり、厚生労働省からの通達により平成24年4月から食品衛生法上の暫定基準値が変更となり、野菜・果実などの食品中の放射性物質に関する暫定基準値は「現在の500Bq/kgから100Bq/kg以下」と規制値が厳しくなり、当然ながら規制値を上回るものは販売することができなくなりました。

このことについて、いわき市より、いわき市産農産物の放射性物質の検査について市産農産物を出荷する場合には出荷前に検査を行い、新規制値未満であることを確認するよう、出荷者の皆さまへ指導及び周知するよう依頼がありました。

検査については現在、いわき農林事務所(〒970-8026 いわき市平梅本町15 TEL 0246-24-6162)で検査が可能ですが、当市場においても平成24年4月26日より検査ができる体制が整いました
希望する出荷者の方は当市場内でも検査できますので、ご遠慮なく当社までお申し出ください。

詳しくはこちら

〒971-8139 福島県いわき市鹿島町鹿島1番地詳しくはこちら

ページの先頭へ