いわき市中央卸売市場 ~ 株式会社 平果

旬の野菜・フルーツSeasonal vegetables & fruits

ホーム > 旬の野菜・フルーツ > くだもの > ありだみかん(和歌山)

ありだみかん(和歌山)

品 名
温州みかん
品種名
上野極早生温州ほか
産 地
和歌山県 JAありだ 丸有共選
入荷時期
10月上旬~11月中旬
最盛期
10月下旬~11月上旬

担当者からのコメント

いよいよ温州みかんも極早生から早生へと変わります。平成16年度温州みかん生産量で愛媛県を抜いて日本一となった和歌山県より、JAありだ丸有共選「早生みかん」が11月から12月にかけ本格的に出回ります。
特に有田地区は黒潮から受ける潮風と温暖な気候に恵まれ、四百有余年もの昔から栽培が始まり、古くから「有田みかん」として全国各地で親しまれてきました。現在の生産量は約10万㌧と全国の生産量の約一割にも達する有数のみかん産地で、恵まれた気候条件を生かし時代を超えて知恵と技術が受け継がれ、今なお高品質にこだわり味を追求しています。
早生みかんは皮が薄く、果肉がやわらかく、まろやかな味の美味しいみかんです。その中でも特別美味しいみかんが和歌山県の統一ブランドとして出荷する「味一みかん」です。地表にマルチをかけ、もれなく太陽をが当たるように枝とみかんを剪定して育てさらに選果場において厳しい品質検査をして出荷します。
さて、みかんにはさまざまな効能があり、みかん1個に1~2㎎含まれている色素成分のベータ・クリプトサンチンには強い発ガン抑制作用があり、1日2個のみかんがガン予防に効果があるばかりか、その2個のみかんでビタミンCの一日の最低必要量50㎎に対し、70㎎もの摂取ができます。そのほか疲労回復や風邪予防、美肌効果、便秘などにも効果があるそうです。
いよいよ本来の味・色艶となってきた早生温州みかん、健康にも優れている和歌山「ありだみかん」を是非たくさんお召し上がりください。
11月3日は『みかんの日』です。(毎月第一日曜日はみかんの日ですが「いいみっか」の語呂合わせから旬の11月3日を特別に記念日として全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定しました。)

JAありだが教えるみかんの8つのポイント

①果実(皮)の色(紅)が濃いもの。
②ヘタの切り口(の直径)が小さいこと。
③ガク(ヘタの周りの五角形)が黄色くなった果実。
④皮が薄くよく見ると凸凹しているもの。
⑤果実の形(扁平で丸い)がよく、身がしまっているもの。
⑥果皮のブツブツ(油胞)が小さくて密度が濃いもの。
⑦スリ傷が少しあるみかん。
⑧中玉がお奨め(L~Sサイズ)

※JAありだのホームページではみかんに関するいろいろな情報が満載ですのでぜひこちらもご覧ください。
上記の8つのポイントの理由なども説明されております。

JAありだのホームページ

■販売担当者
果実第一部 主任
鈴木 智郎

ページの先頭へ