いわき市中央卸売市場 ~ 株式会社 平果

旬の野菜・フルーツSeasonal vegetables & fruits

ホーム > 旬の野菜・フルーツ > くだもの > 巨峰ぶどう(福島)

巨峰ぶどう(福島)

品 名
ぶどう
品種名
巨峰
産 地
福島県 JAふくしま未来 など
入荷時期
9月中旬~11月下旬
最盛期
10月~11月

担当者からのコメント

くだもの王国福島県はJAふくしま未来より、秋の味覚巨峰ぶどうが出回ります。
福島市のぶどうは吾妻山の麓、福島盆地の寒暖の差が激しい気候や肥沃な土壌で丹精に育まれました。
巨峰ぶどうは日本でデラウェアを抜いて国内生産量1位の品種です。大粒で濃厚な甘さと、プリッとした食感、みずみずしく溢れだす果汁はまさにぶどうの王様です。
産地からは9月より出回り始め、10月中旬より冷蔵品の出荷となる予定。産地より出荷されるのは種なし巨峰が主力で、5㎏コンテナ箱での出荷となり一房づつ三角袋に入っています。その他用途に応じてパック詰、贈答用として1㎏化粧箱なども取り揃えております。
さて、ぶどうを食べるときによく皮を丁寧に手でむいて食べる方がいますが、ぶどうのいちばん美味しい部分は果皮と果肉の境の部分ですので、丸ごと口に入れて中身を皮から押し出し、なめらかな舌触りとたっぷりした果汁を味わうのが一番美味しい食べ方です。
ぶどうには体内への吸収が早く、速効性のあるブドウ糖や果糖が主成分なので、疲労回復に効果があり、エネルギー補給に最適な果実です。ぶどうの種子や皮には視力回復や活性酸素の除去に効果のあるアントシアニンが多く含まれおり、アントシアニンはポリフェノールの一種で悪玉コレステロールの発生を防ぎ、血液をサラサラにする働きがあるといわれています。そのため、動脈硬化やガン予防にも期待できます。またデラウェアなどの赤色ぶどうには強い発ガン抑制作用を持つレスベラトールというポリフェノールも含まれています。このほか鉄分、ナトリウム、カルシウムなどのビタミン類なども豊富に含んでおります。
これから本格的な秋を迎えます。健康的にも優れており、今が旬の秋の味覚、くだもの王国福島よりぶどうの王様「巨峰ぶどう」を是非味わってみてください。

美味しいぶどうの選び方など

ぶどうは房の上部(肩)の方が甘みが強いので、房の下部(尻)の方から食べ始めると最後まで美味しく食べられます。
また抗酸化作用のあるアントシアニンは、果皮と果肉の間に多く含まれているので、できれば皮ごと食べることをお勧めします。
ぶどうの皮の表面についている白い粉はブルーム(果粉)と呼ばれ、ぶどう自身が作り出しているもので、水分を保護し、新鮮さを保つ働きのある大事な粉です。
ブルームがついているぶどうは新鮮で水分たっぷりという証なのです。

ぶどうの保存法

ロザリオビアンコ・巨峰などの大粒ぶどうは長く置くと脱粒してしまいます。そこで房で保存するよりも粒に分けて保存したほうが長持ちします。
粒に分けるときは手でちぎるのではなく、軸の部分からハサミでカットするのがポイントです。
食べきれない場合は冷凍で保存も。

■販売担当者
果実第一部 次長
八巻 卓栄

ページの先頭へ